通販サイトのルンバ価格を徹底比較|並行輸入品と日本仕様正規品って何?!

自動掃除機ルンバの価格を徹底レビュー

ルンバを買おうと思って通販サイトを色々とみてみたら、
価格やサポートなどが店舗によってバラバラでした。
一番高いお店と最安店を比較すると2万5千円近く差があります!

ルンバは結構高い買い物ですし、
どうせなら「安くて良いサポートのお店で買いたい」ですよね。
そこで、いろんなショップの価格とサポートを比較しました。

ルンバを選ぶときの注意点として、国内正規品と並行輸入品の違いがあります。
ルンバは元々米国の商品で輸入されてきているので、
輸入形態などによって価格や保障に大きく差が出ます

並行輸入品と日本仕様正規品との商品の違いやサポートの差もまとめましたので、
ルンバ選びの参考にしてください。

2013年10月最新価格情報

このページは元々2012年11月の価格情報をまとめたページでしたが、
今でもたくさんの人がこのページを見てくれています。
さすがに古い情報のままでは申し訳ないので、2013年10月現在の最新情報をまとめてみました。
ルンバを購入する際の参考にしてください。

ルンバ780の激安ショップ比較
  アマゾン ECカレント DISK-GROUP EC-WORLD
価格 49,268 49,268 49268 (品切れ) 49,268
商品状態 日本正規品 日本正規品 日本正規品 日本正規品
メンテナンス品 X X X
振込手数料 無料 顧客負担 顧客負担 顧客負担
コンビニ決済支払い X
コンビニ決済手数料 無料 顧客負担 顧客負担 -
代引支払い
代引手数料 310円 840円 1,470円 840円

表に挙げた会社はどこも価格コムで最安値(49,268円)になっていたショップです。
そのうち支払いに直接関係する手数料の部分を比較してみました。

表を見ると分かるように、アマゾンは主要な支払い方法全てに対応しており、
しかもいずれも手数料が最低料金(ほぼ無料)になっています。
代引手数料のみ310円かかりますが、手数料を他社の半額~1/4の価格に抑えることができます

また、アマゾンだけはメンテナンス品も取り扱っているので、ルンバのメンテナンスには欠かせないフィルターやブラシ類などを本体と一緒に購入することができます

実際にルンバを使ってみると分かることですが、ルンバは自動で毎日のように掃除させますのでメンテナンス品は結構消耗します。特にフィルター類は、ルンバが元気に動いてくれるのに必要なものなので、早めに交換した方がいいです。
快適にルンバを使うためにも、ルンバ本体と一緒にメンテナンス品も注文できるアマゾンでの購入がオススメですね。

⇒ アマゾンでルンバ780を購入される方はこちら

⇒ アマゾンでルンバ770を購入される方はこちら

▼ここから下の記事は2012年11月の情報になります▼

2012年11月時点のルンバ激安比較情報

このページの目次(クリックすると目的のところにすすみます)

大手通販サイトの価格とサポートの違いを比較してみた

iRobot公式サイトとネット通販大手のアマゾン、価格コム、家電大手のヨドバシカメラ、
独自のサポートを提供しているファーストドアの価格と保障内容を比較してみました。

本体価格だけでなく保障期間や料金もまとめると面白い結果になりました。
ファーストドアが良いサポートを提供していますね。

1.ルンバの価格と保証内容を比較した一覧表

まず、ルンバの金額と保障内容を下記の表にまとめました(2012年11月現在)。

ルンバは高額な商品なので、保障部分も重要です。
そこで、本体代金と保障料金を合計したものも算出しました。


  iRobot公式 アマゾン 価格コム最安店 ヨドバシ ファーストドア
イートップオンライン
ルンバ780 79,800円 60,978円 53,000円 79,800円 54,900円
保障内容 保障
期間
1年 1年 5年保証 5年保障 3年保障
修理保障料金 無料 無料 価格の5% 価格の5% 無料
故障時の送料 無料 無料 1年目無料、2年目以降は顧客負担 1年目無料、2年目以降は店舗対応 1年目無料、2年目以降は顧客負担
故障時の工賃 無料 無料 無料 無料 無料
部品代 無料 無料 無料 無料 1年目無料、2年目以降は顧客負担
本体+保障料金 79,800円 60,978円 55,650円 83,790円 54,900円

※価格は2012年11月19日時点での調査結果です。

2.価格を総合的に比較した結果、最安店はファーストドアに!

※注※ この記事は2012年時点の調査です。2013年7月時点では円安で入れ替わりがおこっています。

表を見ると分かるように、価格はファーストドアが一番安いです!
アイロボット公式サイトに比べ、約2万5千円、ヨドバシカメラでは
保障料金を加算すると28,890円も差があります!!

ヨドバシカメラの保障期間は5年、ファーストドアでは3年なので単純比較はできませんが、
保証期間2年の差で28,890円はちょっと開きすぎな感じがします。

価格コムで最安店のイートップオンラインは本体価格は最安店でした。
保証費用が価格の5%かかるのでそこをプラスすると
ファーストドアよりも少し価格が上がります。
ただ、イートップオンラインは保証期間が5年ついていて
ファーストドアの3年保障と比較して優れていると思います。


▲pagetop

ルンバの保障内容と販売店の信頼性をまとめた一覧表

次にルンバの保障部分、サポート面をさらに詳しくまとめてみました。

通販サイトで気を付けてほしい部分は「販売店の信頼性」です。

最近では怪しい通販サイトの数は減ってきていますが、
それでも「いつの間にかサイトがなくなっていた」という事はたまにあります。

せっかく保障期間が残っていても、
サポートしてくれるはずの会社がなくなってしまったらどうしようもありません。

そこで、各通販サイトの信頼性を項目に加えました。
信頼性は「会社規模」「サイト運営者情報」「公式対応」の3つから決定しました。


iRobot公式 メンテナンス:i-robot日本公認サポート(日本仕様正規品)
保障期間:1年(無償修理)
送料:無料
信頼性:大変良い◎
レギュラーパック(\7,000):点検メンテナンス、部品代は有償
サービスパック(\17,500):点検と部品交換が無償
アマゾン メンテナンス:i-robot日本公認サポート(日本仕様正規品)
保障期間:1年(無償修理)
信頼性:大変良い◎
送料:ショップ販売の場合は、送料がかかる
その他:公式と同じ
価格コム
最安
イートップ
オンライン
メンテナンス:i-robot日本公認サポート(日本仕様正規品)
保障期間:1年無償(価格の5%プラスで5年間保障)
(但し修理の際の製品配送料や、製品取外しに関わる工賃等はお客様負担)
信頼性:悪い×
その他:公式と同じ
ヨドバシ メンテナンス:i-robot日本公認サポート(日本仕様正規品)
保障期間:1年無償(価格の5%プラスで5年間保障)
(保障期間中、自然故障に伴う修理代金を1回限りヨドバシカメラが保証)
信頼性:大変良い◎
その他:公式と同じ
ファーストドア メンテナンス:ショップ独自サポート(並行輸入品)
保障期間:3年無償
信頼性:良い○
修理に要した部品代のみで72時間以内に修理。工賃は無料。
(お客様による特殊な用途に起因する故障である場合には有償修理)
信頼性で比較するとイートップオンラインは微妙な点が・・

信頼性を見るとイートップオンラインの信頼性だけ「悪い×」になりました。
イートップオンラインの販売元ページには「運営者の情報」「会社情報」表記が
どこにもなかったためです。
実態が分からないサイトで高額なルンバを買うのはリスクが高いと思いましたので、
このような評価にしています。

サポートは「日本公式サポート」と「店舗独自サポート」の2種類がある

サポートは、国内正規品と呼ばれているルンバは、
i-robot日本の公式サポートを受ける事ができます。
一方、並行輸入品と呼ばれるルンバは、
日本の代理店や商社を通さずにアメリカから輸入された商品で
サポートには、i-robot米国の公式サポートや店舗独自サポートがあります。
代理店を経由しないことで価格を安く抑えているようですね。


▲pagetop

並行輸入品と日本仕様正規品って何?!

ルンバの価格を比較して気づいたのは並行輸入品と日本仕様正規品とで価格が大きく違うようです。
「並行輸入品」って何だか聞きなれない言葉ですよね?
並行輸入品とはどういう商品で、日本仕様正規品と何が違うのか徹底的にリサーチしてみました。


並行輸入品ってどんな商品?

そもそも並行輸入とは、「海外商品を輸入する際の輸入形式の一つ」です。

一般に、海外のメーカーが日本に進出してくる際には、
「代理店」や「子会社」を作って、そこを経由して販売している事が多いんです。
これを正規代理店販売といいます。

一方、こうした契約店ルートを通さずに輸入販売するルートもあります。
海外メーカーとの代理店契約をしないで、
海外で販売されている商品を直接輸入してきて販売する方法です。これが並行輸入です。

並行輸入品とは、こうした商品のメーカーと「代理店契約を結んでいない業者」が
海外から買い付けて日本で販売している商品のこと
です。

間違われやすいのですが、並行輸入品は海外の正規品を輸入販売している業者なので、
粗悪品を売っているわけではありません。
しかし日本の「代理店」からのサポートは受けられません。

また、並行輸入品の場合、
ろくにサポートをしない悪質な業者があると聞きますので注意が必要です。
一方で、正規代理店としては認められていない中小企業が、
技術力をつけて代理店並みのサポートをしているケースもあります。
「いい会社も悪い会社もある」のが並行輸入品だと言えるでしょう。

日本仕様、国内正規品ってなぁ~に?

日本の国内正規品とは、海外の商品を日本で販売する際、
海外メーカーが「日本の代理店」と契約を結んでいる場合に使います。

この「日本の代理店」は海外メーカーから顧客サポートを任されたり、
技術指導を受けたりしていますので、料金は多少高くなりますが安心して購入できます。

特に「日本仕様正規品」と言う場合には、
海外の商品が「正規代理店」を通して、日本向けにアレンジされた場合に使います。

日本の法律や日本語に対応している場合などが多いですね。


▲pagetop

並行輸入品ルンバと日本仕様正規品ルンバを比較

上記のように並行輸入品は
メーカーから販売代理店とは認められていないお店の商品ですが、
米国アイロボットの正規品なのは間違いないです。

心配なのは「ちゃんと動くのか?」「すぐ壊れないのか?」
「日本語サポートしてもらえるか?」「日本仕様ルンバとどんな差があるのか?」などの点ですよね。

ルンバは高価な買い物ですから、その後のアフターケアは特に気になるところです。
そこで、まずは並行輸入品と日本仕様正規品の違いを徹底的に比較してみました。


  日本仕様正規品 ファーストドア(並行輸入品) 悪質な例(並行輸入品)
製品の違い ACアダプターにPSEマークがある ACアダプターにPSEマークがある マークなし
技適マークがある 技適マークがある マークなし
クッションゴムが日本仕様 海外仕様 海外仕様
修理 ルンバ日本の国内公式サポート
受けられる
ファーストドアが
国内で修理メンテナンスを行う
国内サポートなし!
米国アイロボット本社が行う
日本語サポート ルンバ日本代理店が
日本語でサポート
ファーストドアが
日本語でサポート
日本語サポートなし!
ユーザーが英語で
米国アイロボットに問合わせ

※「PSEマーク」がなければ輸入・販売してはいけないので、マークがない場合は違法業者です。
※「技適マーク」が付いていない機器を使用した場合、ユーザーが電波法違反になる可能性があります。


このように並行輸入品と日本仕様正規品とではいくつか違う所があります。

ACアダプター(電源)の「PSEマーク」について|違法業者を見極めるサイン

ルンバにはPSEマークが必要です!

日本では電気用品を販売するためにはPSE適合性検査に合格する必要があります。
これは家電製品が事故などを起こさないようにするための検査で、
合格していないと製造・輸入・販売が禁止されています。

この「PSEマーク」を貼っていないルンバを売っている会社は、
違法業者なので絶対に買わないでください

(安全基準を満たしていない可能性があるので危険です。)

「技適マーク」について

ルンバ780には技適マークが必要

これは「余計な電波を出していないこと」や「安全な電波出力」を
証明するマークで、ルンバ780を利用する際には必要です。
もし「技適マーク」のないルンバ780を日本で使ってしまうと
ユーザーが電波法違反になります

ルンバ780は「無線電波でお部屋ナビと通信をする」立派な無線機器です。
必ず「技適マーク」のあるものを買いましょう。

「日本仕様クッションゴム」について

日本仕様クッションゴムとは、繊細な日本人に合わせたクッションゴムだそうです。
日本の場合、和室のふすまなどは繊細な造りなので、
米国仕様より少し柔らかめになっているようです。

これは神経質な方以外にはそう大差ないと思います。

修理について|国内修理ができる販売店がおすすめ

万一ルンバが故障したとき、
「国内で修理するのか、米国で修理するのか」は大きな違いがあります。

例えば、アイロボット米国に修理を依頼する際には
英語で故障箇所を説明しなければなりません。
さらに修理のため海外に送ることになるので、時間がかかってしまいます。

以上のことを考えると、日本語で説明できて国内で修理してもらえる方がいいでしょう。

サポートについて|迅速な対応・日本語対応をしてくれる会社が◎

これも修理を考えた場合と同じですね。
ルンバのことでお問い合わせをしたい時、日本語で聞けるかどうかです。
多くの方にとって、日本語の回答が受けられる方がいいでしょう。
また日本の環境に合わせたサポートをしてもらえるのも利点ですね。

日本仕様正規品と並行輸入品を比較した結論|どっちが良い?

以上のように、並行輸入品と日本仕様正規品とを比較すると、
並行輸入品の場合には、販売業者によってサポートなどに大きく差があることが分かります。
一方で、並行輸入業者のファーストドアは日本仕様正規品とではあまり大きな差がないことが
分かります。

▲pagetop

製品仕様やサポート体制をファーストドアに直接聞いてみました!

今回の調査にあたって並行輸入品について調べていくうちに、
ネット上に様々な憶測が飛び交っているのが分かってきました。
例えば「並行輸入品には日本語説明がない」などです。
(※業者によっては日本語対応していると判明しました。)

そこでネット上で挙げられていた並行輸入品の疑問点やデメリット部分を
ファーストドアに直接、問い合わせてみました。
結構な質問数だったのですが、送ってからそれほど時間なく回答をしてくれました!

ファーストドアからの回答|サポートに自信アリ!

ファーストドアからの回答メール

質問した内容(ネットであがっていたルンバの並行輸入品に対する疑問点)と
ファーストドアからの回答を質問別に一覧表でまとめてみましたので、参考にしてください。


ネット上であがっていた不安点・問題点 ファーストドアの回答
並行輸入品は不具合品の場合交換などの対応が遅くなる もし不具合があった場合、二週間以内に往復送料当社負担にて、すぐに交換いたします。不具合がなくても発送日から14日以内に返品可能。
並行輸入品にはPSEマークがない ファーストドアは自社で「PSEマーク」を取得済みです。
並行輸入品には技適テキマークがないので電波法違反 ファーストドアでは「技適マーク」を取得済みです。
並行輸入品の場合、付属パーツの輸入をしてから修理するので、修理に時間がかかる 当店に届いてから72時間以内に修理します。
取扱説明書が日本語でないので分からない もちろん日本語説明書を用意しています。
電源のクッションラバーは海外製で問題ないかどうか クッションラバーとリモコンに関しましては米国使用になります。
しかしながら、ルンバの衝突で家具に傷がついたというお問い合わせは一切ございません。
米国アイロボット社のサポートを受けたい場合、英語での対応が可能かどうか サポートに関しましては、弊社独自のサポート・保証になります。商品ページ下部に記載の保証ポリシーに従い対応を致します。弊社はルンバの保証修理以外にも、クリーニング・メンテナンスサービスも行なっておりまして、
修理に関しましては他社には負けない絶対の自信がございます
ショップが閉店してしまった場合、米国アイロボットに英語で直接問い合わせることになるのかどうか。ネットショップは急にお店がなくなることもあるので、心配。 長年ネットショップにてルンバを販売しており、現在閉店の予定はありません。万が一の時には、お客様全員に今後の対応などの説明の連絡をさしあげます。
電圧の中身が米国品だと充電時間が長くなったり、バッテリー寿命が短かったりという不都合がある 充電時間が長い・バッテリーの寿命が短いといった事例はございません。安心してご使用出来ます。
日本語説明書は780専用?他の機種のものが付属される販売店もあるらしく、心配。 日本語取扱い説明書に関しましては、ルンバ500・600・700シリーズの使用を含めた取扱説明書になりますので、ルンバ780専用の取扱説明書ではございません。
輸入品のルンバ780でも日本語をしゃべりますか? ルンバ780でも問題なく日本語メッセージ対応となります。
基本的に言語を発するのはエラーを起こした時になります。
ブラシに異変がある場合は「エラー2、ワイヤガードを取り外し、 ブラシを清掃してください」とアナウンスが流れます。

表のようにファーストドアは並行輸入品のデメリット部分(安全性や日本語対応)をほとんどカバー
していました。特にサポート面は目を見張るものがあり、公式サポートを凌ぐ勢いでした。

保障部分では、「修理に関しましては他社には負けない絶対の自信がございます
という頼もしい回答でした。
万一、ルンバが故障したときも心強いですね。

さらに「当店に届いてから72時間以内に修理します」と宣言されているので、
「修理に出して一向に戻ってこない!」ということはありません。

正規代理店でも修理時間までは明記されていないので、
サポート体制にかなりの自信がないと、ここまで言い切ることはできないと思います。


▲pagetop

ファーストドアの特徴をまとめてみた

今回、並行輸入品の代表としてファーストドアを取り上げたのは、
どの並行輸入品のショップよりも価格が安かったのと、
サポート面の充実度で他社を圧倒していたからです。

今回、問い合わせをした際にも、他のショップにはない迅速で丁寧な回答が届きました。
この辺の対応の早さも好印象でした。

ファーストドアはこんな人におすすめ

ファーストドアの特徴を下記にまとめました。こんな人にはファーストドアがおすすめです。

  • できるだけ安くルンバを購入したい方。
    価格が最安値!

    ※2013年に円安になり販売価格が上がってしまいました。。
    今は最安値ではありません!頑張れファーストドア!
  • 保証期間がしっかりあるルンバを買いたい方。
    3年間の無料保障付
  • サポートがしっかりとした会社で買いたい方。
    72時間以内に修理完了!問い合わせの回答が早い
  • 日本対応のルンバがいい方。
    ルンバの日本語化、日本語説明書を完備安全基準は全てクリア

上記の通り、ファーストドアは、公式代理店に負けないサポートを実施していると思いました。
個人的にホームページ上で「社長の写真がしっかりでているオープンなところ」も好きですね。

MENU

注文の仕方
ルンバが到着
ルンバを動かす
ルンバで実験
ルンバを比較
キャンペーン情報
ルンバの動画
このサイトについて
  • プロフィール
    ルンバ猫
    Author:ルンバ猫
    このサイトは管理人がいろんなルンバの調査や実験をして、分かったことや面白かったことをまとめたサイトです。
    → 詳しい紹介はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

▲pagetop