ルンバ760と770と780を徹底比較してみたよ

ルンバ760、770、780でこんなに機能が違った!|掃除能力と無線部分をチェック

ルンバを購入する時に、一番悩むのが「どの種類のルンバにするのか」という所だと思います。
安い買いものではありませんので、自分の家や用途に合ったルンバを選びたいですね。

そこで最新機種のルンバ760、ルンバ770、ルンバ780の3機種の機能と価格を
比較してみることにしました。

ルンバについている色々な便利機能の解説もまとめましたのでご参考ください♪
ルンバ770とルンバ780はダブルゴミセンサー搭載で掃除能力が向上しているところに注目です!

※バーチャルウォールなど、それぞれの機能の説明は表の下に説明しています。


機種名 ルンバ760 ルンバ770 ルンバ780
写真 ルンバ760 ルンバ770 ルンバ780
発売日 2011年10月 7日 2011年10月 7日 2011年10月 7日
公式価格 64,800円 69,800円 79,800円
最安値(2014/1/6時点) 48,000円 48,790円 39,800円
こんな方におすすめ 安さ重視の方
(販売はほぼ終了)
安さより綺麗さ重視 計画的に掃除したい方
最新機種を試したい方
自動充電機能
スケジュール機能
バーチャルウォール機能
ソフトタッチバンパー機能
ゴミ検知センサー
ダブルゴミセンサー ×
ゴミフルサイン ×
ライトハウス機能 × ×
タッチパネル × ×
交換・メンテナンス品 × ×
共通する付属品 ホームベース・バッテリー(内蔵)・ACアダプター・お手入れリング・ダストカットフィルター×2セット・お手入れカッター・リモナビ(リモコン)

 

ルンバの自動充電機能について

自動充電機能はルンバで最も有名な機能でしょう。
自動お掃除ロボットのルンバは、
勝手に掃除をして、掃除が終わったらちゃんと充電器の所に帰って充電をします。

可愛くて賢いヤツ、それがルンバなんです♪

ルンバが自動で充電をしている動画がありますので、ご参考にどうぞ。
⇒ 掃除が終わったルンバが充電器に帰るところ

▲pagetop

スケジュール機能はどんな感じ?

スケジュール機能も基本的な機能の一つです。
「毎週水曜日の11時5分から」とか「毎日午後2時から」とか、
何時でも好きな時に掃除を開始することができます。

ルンバには自動充電機能がありますので、
決まった時間に掃除をして、掃除が終わったらちゃんと充電もしといてくれるのです。

▲pagetop

バーチャルウォールで何ができるの?

バーチャルウォールは、赤外線をだしてルンバに行ってほしくない場所を遮るために使います。
読んで字のごとく『見えない壁』を作るものです。
『ここから先は立ち入り禁止』ってルンバに教えるカンジです。

より詳しい説明はこちらの記事にまとめています 
⇒ バーチャルウォールとライトハウスの違いは何?!

▲pagetop

ソフトタッチバンパー機能で安全運転

ソフトタッチバンパーは、ルンバが家具にぶつかった時に傷つけないようにする機能です。
具体的には、ルンバが家具やお部屋の壁に近づくと自動的に減速してゆっくりとぶつかります。

さらにルンバのバンパーにはクッションゴムが使われているので、
部屋の家具を傷つけないようになっています。
またルンバ自身も衝撃が少ないので壊れにくいんです。

▲pagetop

ルンバの掃除力がスゴイ!ゴミ検知センサー搭載

ゴミ検知センサーは、ルンバが部屋のゴミの量を判断して、
ゴミが多い場所を集中的に掃除するために使うセンサーです。

ルンバ500系でも使われてきた従来型のセンサーで、
もはやルンバの基本機能として盛り込まれています。

ゴミ検知センサーの仕組みはピエゾセンサー(圧電素子センサー)なのですが、
このセンサーはゴミを吸い込んだ時の微振動を拾ってゴミを探知しています。
ざっくり言えば『吸い込んだ時の振動でゴミの量を推測しているカンジ』です。
もっとざっくり言えば『手さぐりで当ててるカンジ』ですかね ^^

▲pagetop

ダブルゴミセンサーで掃除力がさらにアップ!

重量が軽いごみにも反応してる高感度のゴミ検知センサーです。
ゴミが多い場所を集中的に掃除するために使います。

ルンバ770とルンバ780には従来のゴミ検知センサーの他に
このダブルゴミセンサーがついています。

ダブルゴミセンサーは光センサーでできていて、
吸引口に吸い込まれたゴミの通過量を光センサーで感知しています。
ざっくり言えば『ゴミの量を目で見て判断するカンジ』でしょうか。

光センサーはピエゾセンサーより細かく軽いゴミを探知することができますし、
ダブルゴミセンサーには吸引口の両端に2つのセンサーを搭載していますので、
確実にゴミを感知する精度が上がっています。

▲pagetop

ゴミフルサインでルンバの管理が簡単に

ゴミフルサインは、ダスト容器がいっぱいになったのを教えてくれる機能です。
ゴミがフル(いっぱい)になった事を教えてくれるサイン(目印)です。

ゴミ入れがいっぱいになると、ルンバ本体のゴミ箱の形をしているアイコンが赤く点滅します。

毎回ゴミが一杯かどうがを自分でチェックするのは面倒ですし、とても便利な機能ですよ♪

▲pagetop

ライトハウス機能で計画的に部屋を掃除できる!

ライトハウス機能はいくつかの部屋を順番に自動で掃除できる機能です。
決められた複数の部屋を一つずつ掃除してくれるので、
途中で充電が切れてもどこまで掃除できているのか分かって便利です。

バーチャルウォールとライトハウスは間違えやすいので、下記の記事で詳しくまとめています。

▲pagetop

ルンバのタッチパネルってどうよ?

タッチパネルそのものは…ご存じだと思いますので、使い心地について。
そこそこ感度はいいですね。軽くタッチするだけでルンバを操作できます。

タッチパネルでもボタンでも大きな差はありませんが、『カッコイイ』の一点に尽きます

▲pagetop

交換用の付属メンテナンス品について

これはルンバ780だけの付属品ですが、たくさんのメンテナンス品がついてきます。
ルンバを長く使っていく上でルンバのメンテナンスやお手入れは欠かせません。
交換用部品やメンテ用品があらかじめ入っていると、後から注文しなくていいので便利ですよ。

具体的には下記の付属品とメンテ用品がついてきますのでご参考までに。

  • エッジクリーニングブラシ
  • 交換用メインブラシ
  • 交換用フレキシブルブラシ

▲pagetop

ダストカットフィルター

掃除をした時にルンバから出る排気を綺麗にするためのフィルターです。
排気に含まれるミクロ単位の粉塵を99%カットしてくれるスグレもの!
これがあると部屋の空気がほこりっぽくならなくていいですよ♪

▲pagetop

リモナビ(リモコン)

ルンバを操作するためのリモコンですね。
重点的に掃除をさせたい時に、リモコンで操作をして掃除をさせることができます。

操作感覚はラジコンのような感じでした。
ロボット掃除機であるルンバは、全自動で運転する事が多いので、
うちではあまり使っていませんが、
操縦してみるとおもちゃ感覚で最高に「楽しい」機能です!

▲pagetop

新型ブラシ

ルンバ700シリーズの発売から使われている新型のメインブラシです。(ルンバ630もこのブラシ)
従来の500シリーズから使ってきたブラシに比べ、ブラシの毛が柔らかいものが採用されています。
今までのブラシに比べ、床が傷つきにくい特徴があります。

▲pagetop

あなたの家はどのルンバタイプ?

それぞれのルンバの機能と特徴をふまえて、目的別にどのルンバがおすすめか
まとめてみました。ご家庭や用途に合ったルンバを選んでください!

あなたにおすすめのルンバは、、?

ルンバ780タイプ ルンバ770タイプ ルンバ760タイプ
  • どうせ使うなら最新&最高機能
  • 一番人気の機種が欲しい
  • 掃除能力が高いルンバがいい
  • 全自動で掃除させたい
  • たくさん部屋がある
  • 安くて高機能がいい
  • スケジュール機能が欲しい
  • 掃除能力は高い方がいい
  • ゴミ満タン時に教えて欲しい
  • ライトハウスは使わない
  • とにかく安くで静音ルンバ
  • 予約機能はいらない!
  • 掃除力より安さ重視
  • ゴミ袋の確認は自分でやる!

我が家ではルンバ780を購入|決め手は高機能と自動化

我が家では比較検討した結果、ルンバ780を購入しました。
費用対効果を考えた結果、今まで掃除に費やしていた時間が節約できるならできるだけ自動で動いてくれる高機能のルンバが欲しい!という結論になりました

購入して1年以上になりますが、思った以上にバッテリーのもちが良くて満足していますw  バッテリーのもちは、まだまだ健在です。

ルンバ780を最安値で買うには? アマゾンが最安値!

販売価格を徹底比較した結果ルンバが最安値で買えるお店はAmazonでした。(2013/10月調査)

アマゾンで中古のルンバ780(国内正規品)の価格は39,800円から!
公式サイトは79800円です。比較すると、40,000円も安いです!
アマゾンの新品でも最安で55,400円なので、20,000円以上もお得ですね。(2014年1月時点)

アマゾンのメリットは、支払い手数料も無料、他社よりも安くなっています。

  • クレジットカード決済の振り込み手数料無料
  • コンビニ決済手数料無料
  • 代引手数料は一律315円!

アマゾン以外にもルンバ780とほぼ同じくらいの値段で買えるお店もあるのですが、
代引手数料が1,470円もかかったりするので注意です

消耗品・メンテナンス部品の品ぞろえが充実

Amazonと同等の激安ショップをみると、ルンバで必要になってくる消耗する部分(フィルターやブラシ)などのメンテナンス品が購入できません。アマゾンだけでした。
ルンバが安い事で有名な激安ショップをいくつか調査しましたが、以外にもメンテナンス品はどこも売っていません。(調査対象:ECカレント、DISK-GROUP、EC-WORLD、Gnetアキバ、アーチ、他)

ルンバは毎日使うものなので、ブラシやフィルターは結構汚れます。メンテナンス品はできればストックしておいた方がいいと思います。早めに部品交換をすることで、ルンバの故障が防げます。
新しくルンバを購入する時には、本体と一緒にメンテナンス品も購入しておいた方がいいと思います。

アマゾンのルンバ780のレビュー数が130件を突破!平均4.2点という高得点

アマゾンのルンバ780のレビューをみてみると、ほとんどが満足しているという回答でした。
5点満点で、4.2点という好評価です。利用者の満足度はかなり高いといえるでしょう。
アマゾンの中でもルンバ780が一番人気となっていますね。

⇒ Amazonのルンバ780をチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

▲pagetop