ルンバ780はタクシー無線や携帯基地局からも電波干渉を受ける!

前回までの実験でルンバ780は 無線LANやBluetoothから電波干渉を受けることが分かったのですが、
タクシー無線や携帯電話の基地局と電波干渉を受ける可能性があることが分かりました。

アイロボット社が教えてくれた電波障害の新たな原因

ルンバのライトハウスモードのイメージ

無線機器との混信についてアイロボットカスタマーセンターに電話をかけて聞いてみました。(詳しい記事はこちら)
アイロボットカスタマーセンターの方は、とても親切に対応してくれて好感が持てましたよ。

カスタマーセンターの方が教えてくれたのは、混線の原因には無線LAN以外にも考えられるとのこと。
ルンバ780の電波障害には、無線LANの他に「業務用無線との混信」と「携帯電話基地局との混信」があるようです。


タクシー無線・トラック無線などの業務用無線との電波障害

タクシーなど業務用無線の周波数は、
一般に450MHz帯と458MHz帯で使われています。(出力は5W程度)
ルンバの無線周波数は2.4GHz帯なので、通常は混信することはないのですが、
高出力な業務用無線がノイズを発生させている場合などは、
ルンバが使っている2.4GHz帯も影響を受けることがあります。

携帯電話の基地局との電波障害

携帯電話の基地局が使っている周波数は900MHz帯を使っています。(PHSは1.9GHz帯)
業務用無線に比べるとルンバの周波数に近くて、携帯電話の基地局の出力は30W程度もあります。
さらに携帯電話の基地局は3Kmくらいのエリアをカバーしていますので、
ノイズが発生した場合には広い範囲で2.4GHz帯に影響する可能性があります。

ノイズの影響はどのくらい起きる?

僕の場合、家の前に丁度タクシー会社があり、携帯はどの機種も繋がるエリアでルンバを使っています。

この環境では、ルンバ780の無線機能は3回に1回くらい起動が不安定な状況ですが、
通常は、もう少し影響度が低いと思います。

ルンバは人体に影響を与えないように、低出力の電波を使っています。
小さなお子さんがいる家庭でも安心して使えるように配慮されたためだと思うのですが、
これがアダとなって電波障害の問題が起きやすくなっているようなのです。

業務用無線や携帯基地局のノイズはたくさん出ているわけではありませんが、
ルンバの出す電波の出力はごく微弱なものなので、わずかなノイズでも影響を受けてしまうようです。
(タクシー無線や携帯基地局のノイズ影響ではテレビが映らなくなったケースもあるようです)
そのような場合にはルンバの微弱な電波では太刀打ちできません。

家庭で安心して使えるルンバと、さまざまな電波が飛び交う現代社会。
なかなか両立の難しい問題なのかもしれませんね。

関連記事

電波干渉が起きた時の解決方法をアイロボットカスタマーセンターに聞きました。

人気の記事

比較

ルンバ700シリーズを徹底比較

価格

ルンバの販売価格を比較!

売れ筋

売れ筋ルンバをチェック!

MENU

注文の仕方
ルンバが到着
ルンバを動かす
ルンバで実験
ルンバを比較
キャンペーン情報
ルンバの動画
このサイトについて
  • プロフィール
    ルンバ猫
    Author:ルンバ猫
    このサイトは管理人がいろんなルンバの調査や実験をして、分かったことや面白かったことをまとめたサイトです。
    → 詳しい紹介はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

▲pagetop